竹内洋『学歴貴族の栄光と挫折』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

竹内洋『学歴貴族の栄光と挫折』

竹内洋

日本の近代 12 学歴貴族の栄光と挫折

日本の近代 12 学歴貴族の栄光と挫折

学歴貴族の栄光と挫折 (講談社学術文庫)

学歴貴族の栄光と挫折 (講談社学術文庫)


プロローグ 学歴貴族になりそこねた永井荷風

  永井壮吉   9

  荷風と龍之介   18

  庶民・中堅・エリート   26


1 旧制高等学校の誕生

  官立高等中学校   

  薩長藩閥のサバイバル戦略   52

  東京大学帝国大学   61

  差異化戦略   76


2 受験時代と三五校の群像

  『藩閥之将来』   87

  高校入試   99

  高校増設  

  帝大入試   

  スクール・カラー   30


3 誰が学歴貴族になったか

  栗野事件   

  パブリック・スクールと旧制高校

  学習院進学事情   

  教育機会の虚像と実像

  社会移動か社会的再生産か


4 学歴貴族文化のせめぎあい

  明治三十年代の第一高等学校

  魚住あやうし  

  一高魂は日本魂   

  攻防  

  新渡戸校長と弁論


5 教養の輝きと憂鬱

  教養書ブーム   

  芳香としての教養

  差異化としての教養

  疎隔と反撥  

  苦悩する教養 


6 解体と終焉

  教養の哀微と復活

  丸山眞男という範型

  蜜月から反乱へ

  大衆的サラリーマン

  テロル   

  終焉  

  エピローグ   30


 参考文献   37

 第12巻関係年表

 索引   74

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。