福田邦夫『色の名前はどこからきたか

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

福田邦夫『色の名前はどこからきたか

福田邦夫

色の名前はどこからきたか : その意味文化

青娥書房

1999


序にかえて

まえがき

Ⅰ章 色の分類

 1 日本人の色の呼び方  10

 2 色名はどこまで翻訳できるか  19

 3 色と色名の関係は時代とともに変る

 4 色と色名の順番  36


Ⅱ章 赤そしてピンク

 1 赤-色彩象徴の森 48

   赤紫、紫味の赤

  いわゆる赤と黄味の赤

 2 ピンクー幸福な人生そして悲哀・…-70


Ⅲ章 橙と茶色の仲間

 1 朱色-赤と橙の間の東洋美…・.・77

 2 橙(オレンジ) 時には自然、ある時は不自然・.….84

  うすい橙 いわゆる肌色について……88

 3 茶色(ブラウン) 平凡または自然美・.・...91

  橙と茶の境界……94 赤味の茶……98 いわゆる茶色…………

  黄味の茶色…… 明るい茶、薄い茶ー素材の美……


Ⅳ章 金色と黄色そしてオリーヴ

 1 金色-神秘と通俗

 2 黄色-現実主義、効率主義の象徴

  明るい黄、薄い黄……119 鈍い黄、灰味の黄……123

 3 オリーヴ 暗い黄の変容……126


V章 緑

 1 黄緑1いわば自然の恵み

  鈍い黄緑、灰黄緑…… 濃い黄緑……

 2 緑-安全と平和、理想と郷愁

  緑色の固有色名…… 鈍い緑、柔らかな緑……

  明るい青-空色……

 3 青緑ー緑と青の境界


Ⅵ章 青

 1 青ー空と水の抽象

  緑味の青…… もっとも日本的な青……

  紫味の青と濃い、深い青……

 2 明るい緑、薄い緑……


Ⅶ章 紫

 1 西洋の紫、日本の紫…:

 2 青味の紫-董色、藤色、季節の花々…・・

 3 紫ー古代日本の色の王者……

  紫の価値観…… 紫の色名分類……


Ⅷ章 無彩色ー白・灰色・黒

 1 無彩色-色味のない色……

 2 白-古代で最上の色、現代人の嗜好色……

 3 灰色-白と黒に及ばぬ無彩色、色彩の尽きるところ……

  明るい灰色…… 普通の灰色……絣 暗い灰色……

 4 黒 光の窮極、光の起源……




色名索引……

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。