福岡隆『活字にならなかった話』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

福岡隆『活字にならなかった話』

福岡隆

活字にならなかった話──速記五十年

1980.11.15 筑摩書房

活字にならなかった話―速記五十年 (1980年)

活字にならなかった話―速記五十年 (1980年)

一九七九年の三月から約一年間、『言語生活』に連載した「磬咳随筆」を単行本化したもの。

はしがき

一 ソロバンからペンへ     

二 修養団と無敵海軍      

三 敗戦直後に出会った人びと  

四 田辺元博士『哲学入門』の誕生

五 なくて七くせ言葉ぐせ    

六 背中の刀痕         

七 活字にならなかった話    

八 忘れえぬ作家たち (花田清輝田中英光・徳間康快・大西巨人中島健蔵中野重治

九 忘れえぬ作家たち (早川清・武田泰淳椎名麟三) 

一〇 松本清張氏との出会い   

一一 影武者九年      

一二 影武者九年       

一三 楽屋の鴈治郎丈 (中村鴈治郎)

一四 私邸の歌右衛門丈 (中村歌右衛門)

一五 江戸言葉との格闘  (『桂文楽全集』)

一六 動機善にして結果悪なり  

あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。