福岡隆『日本速記事始』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

福岡隆『日本速記事始』

福岡隆

速記

岩波新書(黄版)57

1978年8月21目 第1刷発行

日本速記事始―田鎖綱紀の生涯 (1978年) (岩波新書)

日本速記事始―田鎖綱紀の生涯 (1978年) (岩波新書)

http://opac.ndl.go.jp/recordid/000001386427/jpn

雑司ケ谷墓地一種十二号二側

めぐりあい

日本速記術の誕生

怪談牡丹燈籠

第一帝国議会

電筆将軍の旅

日本文字始而造候居士

綱紀以後

主要参考資料

田鎖綱紀略年譜

あとがき

若林玵蔵矢野文雄矢野龍溪)・林茂淳


『日本速記五十年史』(一九三四年、日本速記協会刊)

日本速記八十年史』(一九六三年、日本速記発表八十周年紀念会刊)

日本速記年表』(一九六三年、日本速記発表八十周年紀念会刊)

日本速記術創始者田鎖綱紀翁』(一九三八年、日本速記協会刊)

竹島茂田鎖綱紀日本速記術」(一九六八年、『言語生活』七月号)

豊島信夫「速記関係史蹟の研究」(一九七〇年、『日本の速記』十月号から翌年三月号まで)

若翁自伝』(一九二六年、若門会刊)

丸山平次郎ことば乃写真法(一名筆記学階梯)』(一八八五年、森玉林堂刊)

源綱紀新式速記術例題詳解』(一九=一年、青木嵩山堂刊)

田鎖綱紀『大日本書学邦語速記術』(一九一三年、博文館刊)

速記彙報』(一八九一-九四年、速記彙報発行所刊)

武部良明『日本速記方式発達史』(一九四二年、日本書房刊)

田鎖一日本速記法詳釈』(一九五〇年、ジープ社刊)

田鎖源一速記の完全独習』(一九七〇年、池田書店刊)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。