福井久蔵『国語学史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

福井久蔵『国語学史』

福井久蔵

国語学史

昭和十七年

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/PDF/hukuigakusi.pdf

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1126280

はしがき


序説


上代

 記紀時代文字

 宣命書

 上代中古に於ける辞書

 眞假名の發達

 平假名の發生

 片假名の發生

 五十音圖

 點圖?

 古典研究より起つた語學 

 歌道より起つた語學 

 古典の研究に見えたる語學

 鎌倉室町時代辞書 

 假名遣

 連歌より起つた語學 

 品詞の観念詞辞の分別

 語原の研究


近代

 古學の興起

 円珠庵契沖

 語原の研究

 國學成立

 賀茂真淵

 富士谷成章の出づるまで

 富士谷成章語學

 韻鏡の研究

 本居宣長語學 

 本居派語學者 

 歴史的假名遣の完成

 鈴木朖本居春庭

 東條義門

 本居派語學の補正

 鹿持雅澄語學 

 平田篤胤伴信友

 江戸末期に於ける語學

 西洋文典に則を取るもの 

 江戸時代に於ける辞書

 江戸時代に於ける方言語彙


現代

 明治維新より三十年代まで

 洋風を嫌った日本文典  

 「かなのくわい」と羅馬字會

 言文一致の氣運 

 辞書編纂

 チェンバレンの出るまで 

 言語取調所の設立  

 關根正直語法私見とその反響を見るまで

 大槻文彦廣日本文典の出るまで 

 口語法の研究

 方言の研究

 上田萬年國語界  

 帝國教育会の国字改良部言文一致

 國語調査会

 國語學史國學家の史伝 

 音聲學研究の初期  

 廣日本文典から山田の日本文法論まで

 口語法研究のその後 

 方言研究のその後  

 三矢重松の高等文典及び古事記訓法

 山田孝雄日本文法論  

 大矢透假名及び音韻の研究 

 乎古止點及び訓法1 

 語原の研究

 日本語の系統

 歴史的研究(その一)

  -山田孝雄奈良朝文法史平安朝文法史及び平家物語々法--

 歴史的研究(その二) 

 歴史的研究(その三) 

  --室町時代音韻語法の研究--

 歴史的研究(その四-江戸時代)

 比較的研究

 漢字の研究

 大正昭和期に於ける辞書

 國語學一般概説 

 東方言語史叢考東亜語源志 

 大正末期より昭和へかけての文典(その一)

 大正末期より昭和へかけての文典(その二)

 大正末期より昭和へかけての文典(その三)

 大正末期より昭和へかけての文典(その四)

 昭和期に於ける方言の研究

 國語音聲學研究  

 音聲學協会の誕生とその後

 昭和期に於ける國語學史 

 國語史の研究(その一) 

 國語史の研究(その二) 

 ラヂオ放送ことばの講座

 國語科學講座と岩波講座日本文學、岩波講座國語教育

 フランコ・スイス學派の紹介及び國語解釋學と表現

 記念論文集に於ける國語學

 日本言語學會?及び日本方言學會?の設立

 欧米人日本語研究の一瞥

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。