祁福鼎「明治時代語における自称詞の推移と位相について」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

祁福鼎「明治時代語における自称詞の推移と位相について」

祁福鼎

明治大学日本文学』32

2006


1.仮名垣魯文万国航海西洋道中膝栗毛明治3年 『明治文学』第一巻 筑摩書房 2002年

2.仮名垣魯文「牛店雑談安愚楽鍋」明治4年 『明治文学』第一巻 筑摩書房2002年

3.河竹黙阿弥東京新聞明治6年  『黙阿弥全集』第廿三巻 春陽堂  1926年

4.高畠藍泉「怪化百物語」明治8年 『新日本古典文学大系 明治編 1開化風俗誌集』 岩波書店 2004年

5.松村春輔「開明小説春雨文庫」明治9年   『明治文学全集1明治開化期文学集』 筑摩書房 1966年

6.久保田彦作「鳥追阿松海上新話」明治11年  『明治文学全集1明治開化期文学集』 筑摩書房 1966年

7.河竹黙阿弥「人間万事金世中」明治12年  『黙阿弥全集』 第十二巻 春陽堂 1925年

8.高畠藍泉「巷説児手柏」明治12年 『明治文学全集2明治開化期文学集筑摩書房 1967年

9.坪内逍遥一読三歎当世書生気質」 明治18年  『明治文学』第四巻 筑摩書房 2002年

10.三遊亭圓朝「歐洲小説黄薔薇」明治18年 『圓朝全集』第七巻 春陽堂 1927年

11.三遊亭圓朝英国孝子之傳」明治18年  『明治文学全集10三遊亭圓朝集』 筑摩書房 1965年

12.二葉亭四迷「浮雲」明治20年   『二葉亭四迷全集』第一巻 岩波書店1964年

13.坪内逍遥「外務大臣」明治21年   『読売新聞』(明治21.4.5~明治21.6.29)

14.依田学海「政党美談淑女の操」明治21年  『明治文学全集86明治近代劇集』 筑摩書房 1965年

15.依田学海「政党餘談淑女の後日」明治22年 『明治文学全86明治近代劇集』 筑摩書房 1965年

16.三宅花圃「八重桜」明治23年   『明治文学全集81明治女流文学集(一)』 筑摩書房 1966年

17.福地桜痴「新浮世風呂」明治27年  扶桑堂 明治27.12(国立国会図書館蔵)

18.尾崎紅葉「金色夜叉」明治30年  『紅葉全集』第七巻 岩波書店1993年

19.内田魯庵「くれの廿八日」明治31年 『明治文学全集24内田魯庵集』 筑摩書房 1978年

20.内田魯庵「霜くづれ」明治35年  『明治文学全集24内田魯庵集』 筑摩書房 1978年

21.内田魯庵「社会百面相」明治35年 博文館 明治35.6(国立国会図書館蔵)

22.大塚楠緒子「空薫」明治41年 『明治文学全集81明治女流文学集(一)』 筑摩書房 1966年

23.大塚楠緒子「そら住」明治42年 『明治文学全集81明治女流文学集(一)』 筑摩書房 1966年

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。