磨光韻鏡餘論

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

磨光韻鏡餘論

刊本

京兆無相文雄

北越鳧州利法

磨光韻鏡餘論

浪速 書林 積玉圃 文榮堂

磨光韻鏡餘論序 皆川愿撰并書

例言 享和辛酉夏六月 北越高陽樹徳寺釋利法識於京兆高倉學黌

重修磨光韻鏡餘論 京兆無相沙門文雄僧谿撰

         北越鳧洲釋 利法得于校

享和三年冬十月 越州深勵誌于京兆高倉学寮 濃州山濤書

広告

皇都寺街通六角南式部町

 書林聖華房 山田茂助藏

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。