石黒圭・橋本行洋編『話し言葉と書き言葉の接点』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

石黒圭・橋本行洋編『話し言葉と書き言葉の接点』

石黒圭橋本行洋

話し言葉書き言葉

ひつじ書房

Ⅰ 共時的研究

フィクション話し言葉について 役割語を中心に 金水敏

話し言葉が好む複雑な構造 きもち欠乏症を中心に 定延利之

ヴァーチャル方言の3用法 「打ちことば」を例として 田中ゆかり

疑似独話読み手意識 野田春美

話し言葉書き言葉語用論 日本語の場合 滝浦真人

現代日本語の多重的な節連鎖構造について CSJ とBCCWJ を用いた分析 丸山岳彦?

指示語にみるニュースの話し言葉性 石黒圭

文字表音性 屋名池誠


Ⅱ 通時的研究

古代における書きことば話しことば 乾善彦

鎌倉時代口語の認定に関する一考察 延慶本平家物語による証明可能性をめぐる 山本真吾

明治前期の手紙文にみられる「口語体」 野村剛史

書かれたはなしことば 今野真二

「全然」とその振り仮名 橋本行洋





書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。