石川巧『「国語」入試の近現代史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

石川巧『「国語」入試の近現代史』

石川巧

『「国語」入試の近現代史』講談社選書メチエ

「国語」入試の近現代史 (講談社選書メチエ)

「国語」入試の近現代史 (講談社選書メチエ)


目次

はじめに  革命防止装置としての入試現代文

第一章 入試現代文前史-

  受験競争のはじまり

  受験雑誌の登場

  現代文前史

  共通試験の導入

  現代文に対する期待と不安

  「授け」られる現代文──思想・知識・感情のコントロール


第二章入試現代文のはじまり

  現代文理解力を試す

  逐語訳からの脱皮

  新しい問題文、新しい設問

  新中間層の拡大と本を買う若者たちの増大

  「文は人なり」の思想

  伝統校における古典主義の復権


第三章 帝国大学の入試現代文

  帝国大学の入試

  東京帝国大学の入試現代文

  東北帝国大学の入試現代文  岡崎義恵の仕事と現代文の定着

  大学における文学講義現代文


第四章 「読む」とはどういうことか

  学校教育における「解釈」の変遷

  「読む」という行為をめぐって──芦田惠之助垣内松三

  センテンス・メソッドの技法

  問題文の長文化

  新しい鑑賞主義

  保科孝一言論


第五章 日本精神の発揚と国文学の急成長

  紙上の人物考査

  踏み絵としての作文

  現代文と体育の接近

  日本精神の発揚

  戦時下の現代文


第六章 戦後民主主義教育のなかの入試現代文──

  GHQ/SCAPの教育政策と適性検査の導入

  二兎を追う国語政策

  文部省が考える国語科の試験問題

  読解の客観問題

  問題文ステレオタイプ

  新しい未来の展望

  小説小説として読むという出来事


第七章 「傾向と対策」の登場──予備校と「蛍雪時代

  予備校の登場

  道徳的教育からの解放

  受験のテクニック

  「蛍雪時代」の時代

  漱石のす・め  真理探究のための読書

  文学史二項対立キーワード

  大学受験ラジオ講座の登場


第八章 「客観」幻想の果て  マークシート化をめぐる言説

  大学への突き上げ

  伝統への回帰小林秀雄ブーム

  「天声人語」の文章観

  読む力から選ぶ力へ

  試行テストの開始

  マークシートは人問を頽廃させるか

  客観幻想の果て


おわりに──「国語」の成立

あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。