石山茂利夫『裏読み深読み国語辞書』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

石山茂利夫『裏読み深読み国語辞書』

石山茂利夫『裏読み深読み国語辞書草思社

2001年2月16日 第1刷発行

ISBN:479421037X

はじめに

第1章 辞書に目・鼻をつける

 1 辞書にも表情がある

   「辞書編集者は弁明せず」

   国語辞書の中の六本木

   外来語の数は中型辞書より小型辞書が多い!?

   辞書は世につれ編集方針につれ

   "漢語通り"が映える辞書

   あやしげな言葉が多い "和語通り"

   「りす」は和語? 漢語?

   語種の識別法の由来

 2 「恋」は気まぐれではない

   こんなにちがう見出し語の順序

   『康煕字典』が決着をつける

 3 漢字表を重んじる辞書、気にしない辞書

  『広辞苑』はなぜ無印なのか?

  印のつけ方にもいろいろある

  「友|達《、》」はセーフで「ぼく|達《、》」はアウト?

 4 日本語は頭でっかちであ

  辞書の真ん中は?

  日本語は「あ」「か」「さ」行で始まる言葉が半分以上

  『日本国語大辞典』、痛恨の計算違い

  ライバル意識で自滅した山田美妙

 5 辞書は「著作物」ではない

  「芋辞書」を憎んだ新解さん

   国語辞書電話帳と同じ?

   「言葉は社会的共有物。従って……」

   客観的だと「著作物」から遠のく

   ユニーク語釈は盗用防止の表現法?

   『新明解』脅迫事件

第2章 武器としての辞書

 1 「辞書」を辞書で調べる

   「じしょ」と「じてん」と「じびき」の違いは?

   「字典」に国語辞書意味があるか?

   日本版OED『日本国語大辞典』の実力

   「事典」は平凡社造語

   「辞引」が辞書に入るまで

 2 「平素無用」の言葉国語辞書に載っているわけ

   辞書の中の「ムダ」な言葉たち

   基本的な言葉ほど説明するのはむずかしい

 3 批判は辞書の肥やしになる

   「以上」語釈の奇妙な変遷

   『広辞苑』を修正させた元銀行マン

   『暮しの手帖』の辞書批判

    国語辞書ボランティアのすすめ

   『新明解』が「親亀」を見出しにしたホントの理由

 4 辞書を助っ人にする

   はつまご憎けりゃ辞書まで……

   「耳触り」は目障りだ?

   「辞書にない」にご用心

   辞書を片手に『日本語練習帳』を読めば

   「はくはつ」と「しらが」の違いは?

   『日本語練習帳』の大いなる志

第3章 辞書も商品である

 1 激烈な辞書の名称争奪戦

  『新解国語辞典』の編者が"新解さん"でない!?

  『広辞苑』『広辞林』とまぎらわしいか?

  登録商標だらけの辞書名前

  "新解争奪戦"のその後

 2 現代仮名遣い歴史的仮名遣いのはざまで

  『広辞苑』の静かなる転進

  利用者の苦情が出版社の理想を捨てさせた

  明治人も手こずった歴史的仮名遣い

  明治小学校に「チョーチョ」が舞ふ

  『広辞林』が一世を風靡したわけ

  現代仮名遣い辞書界を制す

 3 国語辞書に欠けている二つのサービス 

  『言海』に学べ

  あって当然のアフターサービス、正誤表がなぜないのか?

  『岩波国語辞典』を襲った悪夢

  学研『新世紀ビジュアル大辞典』の志ある試み

  ないのがおかしい収録語の内訳表示

  『新選国語辞典』の編者、収録語の分類を約束

第4章 常用漢字表VS国語辞書

 1 「暖《、》かい心」と「温《、》かな家庭」の謎を追って

  漢字使い分け症候群度チェック

  魚屋を「さかな屋」に変えた戦後の音訓

  常用漢字表の不可思議な使い分けルール

  辞書の大半は使い分け「ノー」

  常用漢字表ルールの伝統性を主張した『言葉に関する問答集』

  和英辞書は"相互乗り入れ表記"

  国定読本も使い分けていなかった!

 2 意外なところに国語辞書最大の弱点が

  常用漢字表ルールは漢和辞典より厳密!

  水深を「計る」、長さを「量る」戦前の和英辞書

  常用漢字表ルールの正体は?

  国語審議会で書き分けが論じられたことは一度もなかった!

  辞書の限界  ある編者の述懐

  漢字仮名交じり文の特異性

  辞書の使い分け注記に振り回されるな

あとがきに代えて

本書で使用した辞書

引用について

参考文献

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。