石山茂利夫『今様こくご辞書』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

石山茂利夫『今様こくご辞書』

石山茂利夫

『今様こくご辞書読売新聞社

一九九八年十年八月十五日

ISBN:4643980753

 まえがき

 凡例 

 本書で使った辞書 

「いさめる」  崩れた上下関係、目上も目下もない? 

「鳥肌が立つ」  嫌悪感薄れ? プラスイメージにも 

「何気に」  日本語の流れに逆行する新語 

「まくま(幕間)」  誤読ではな<、ま<あいとは間の違い? 

「かって」 -旧仮名世代の弱み 

「シュミレーション」  発音しづらい「ミュ」の変化は日本語なまリ?

「一声を一あらげる」 もう一つの「ら」抜け言葉

「今だに」  意味は似てても「未だに」とは別? 

「生きざま」   「死にざま」から出来た新語

「生き急ぐ」  行き着<先は、はるかロシアか 

「効を奏する」  日本語の中の漢語に残るあいまいさ 

「二の舞を踏む」「-を演ずる」が"元祖"とは言えない

「ヘア」 --枝分かれした意味の始末は? 

せいこく

「正鵠を射る」  的は「射る」のに、正鵠は「得る」とは---?

せいこう

「正鵠」  慣用読みのなぞは深まるぱかり。

「──の暁には」  プラスイメージ限定が主流だが

「願わくば」   「は」が「ば」に化けたわけ

「全然」  打ち消しを伴わなければ誤用か 

「ナウい」  古臭<なっても語釈はナウいまま 

「避難所」   「ジョ」か「ショ」か、それが問題だ

「冥加《みょうが》に尽きる」  極楽と地獄を兼ね備えた言葉

「冥利《みようり》に尽きる」  地獄の意味が消えた……

「魅《み》せる」  魅カ的な"感字" 

「こだわる」  新用法の出自に異論

「フラウ」   死語が生きている不思議 

「戦前」  第二次世界大戦の前のこと? 

「気まりが悪い」   「気恥ずかしい」意からの俗解? 

「役不足」  謙遜の意味で使われる理由 

「中味」  中身に違いがあるじゃなし--- 

「エンターテイメント」   「ン」脱落現象の根拠 

「大地震」   「オオジシン」派は、今や少数だが 

「永久に」  ファンの胸に永遠に残る長嶋茂雄の現役引退あいさつ

「ひと段落」  書き言葉にも出現、広まる下地十分 

「異和感」  この表記に違和を感じるか

「アルバイト」  戦前と戦後て意味ががらりと変じた語 

「順風満帆《じゅんぷうまんぽ》」  お年寄りにも多い誤読

「仕事」  油断ならない"意表文字"

「たれ」  司馬遼太郎さんが好んだ言葉

「始めまして」 -はじめましての怪- 

 あとがきに代えて  

参考文献     

 索引      巻末

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。