石垣謙二「助詞「から」の通時的考察」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

石垣謙二「助詞「から」の通時的考察」

石垣謙二

 序

 一 「から」の原義

 二 「から」の變邁

 三 「ながら」の變遷

 現代において動作の出發點や事件の原因をあらはす助詞とみとめられてゐる「から」は、その成立が比較的あたらしいものと考へられるのであるが、すでに上代から一種の「から」といふ語があり、すくなくも現在の「から」と連絡ありと見るのが常識になつてゐる。

 しかるに「から」の語義をみると、きはめて多岐にわたつてをり、たとへば『大日本國語辭典』のごとき、その品詞分類からして助詞と接尾辭の二つにわかち、助詞の項には「二つの間を移り行く意を表はす語」と註して「より」と釋し、接尾辭の項は、さらにこれを二分して、一は「或る語に添へて、其れを副詞とする語」と註して「に因りて・の故に」、「あひだ(間)」、「ながら(にも拘らずの義)」等の諸義をあげ、他は「或る語に添へて、其れを名詞とする語」と註して「人倫のつづきあひ」、「しな・くらゐ・身分・分際」の兩義をしめしてゐる。

 かやうに多義を有するのは、辭典の性質上各時代用法を網羅したためとも考へられるが、同辭典における引用例を檢するに、いづれの語義の場合にも上代からすでに用例のあることをしめしてをり、また、こころみに『萬葉集略解」について集中個々の「から」をいかに釋してゐるかを通覽しても、

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。