石井正彦「臨時一語と文章の凝縮」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

石井正彦「臨時一語と文章の凝縮」

石井正彦
國語學 第173集 pp.1-14
1993.6
93R08030

『国語学』173

石井正彦『現代日本語の複合語形成論』第三部第一章へ

1.凝縮的な文章臨時一語

2.各種文章臨時一語

3.凝縮的な文章の実現に果たす臨時一語役割

4.今後の課題――臨時一語を包括的にとらえるために

参考文献

影山太郎柴谷方良(1989):モジュール文法語形成論――「の」名詞句からの複合語形成――,久野暲柴谷方良編『日本語学の新展開』,くろしお出版,pp.139-166

樺島忠夫(1979):日本語のスタイルブック,大修館書店

亀井旭(1991):現代英語名詞化表現――"英語らしさ"に関する一考察――,『いわき明星大学人文学部研究紀要』4.pp.79-97

窪薗晴夫(1987):日本語複合語意味構造韻律構造,『アカデミア』文学・語学編(43),pp.25-62

小宮千鶴子(1985):文章の種類と言語的性格――新聞各面の文章を比較する――,『文体論研究』32.pp.43-60

鈴木康之(1982):連語構造に対しての複合語の役わり,『大東文化大学紀要』20〈人文科学〉,pp.237-251

永野賢林四郎渡辺友左(1960):新聞の文章のわかりやすさに関する研究,『昭和33年国立国語研究所年報-10-』,pp.111-171

林四郎(1982):臨時一語の構造,『国語学』131,pp.15-26(林四郎『漢字・語彙・文章の研究へ』,明治書院,1987に再録)

水谷静夫(1989):高次結合まで考慮した語構成状況,『計量国語学』17-2,pp.64-70

宮島達夫(1983):単語本質と現象,『教育国語』74,pp.2-14

村木新次郎(1989):現代日本語における分析的表現,『国文学解釈と鑑賞1989年7月号,pp.41-49

欧文略

(岩崎英二郎訳『二十世紀ドイツ語』,白水社,1975)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。