真女意題

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

真女意題

眞女意題 しんめいだい 洒落本一冊

作者森羅萬象

【名稱】神明臺の意。芝神明宮内の岡場所を描いたから、かく命じた。

【刊行】安永九年天明元年

諸本徳川文藝類聚第五洒落本洒落本代表作集(近代日本文學大系)所收。

【題材】(中略)篇中の人物陸野奥右衛門といふ東北辯の武士は、「辰巳之園」(別項)の新五左衛門、「世説新語茶」(別項)の傳五右衛門と同様で、珍しくもないが、本書では特に主要な位置に立ってゐる。

梗概】(中略)

【構想】作者も自負してゐる如く、本書の特色は、奥右衛門の東北辯と、忠七・おかのが、素人時代の戀仲であったと云ふ関係の描寫である。しかし東北辯洒落本に先例もあり、又浄瑠璃「碁太軍記白石噺」(安永九年上演)(別項)もあつて、必ずしも全くの創意ではない。幼馴染と遊里での再會の情緒纏綿たる描寫は、當時の洒落本には、變つた構想と見るべく、又後の人情本のために先謳をなしたものと見ねばならぬ。

【影響】東北辯の可笑味は、後の滑稽本には珍しくない。「膝栗毛」第三編巻之下、「浮世風呂」初編巻之上、「舊觀帖」(別項)の奥州淵黒村の母子、{奥羽一覧道中膝栗毛」の人物など實に多い。これ等は直接本書の影響とは斷じ難いが、系統を引いたものと見られよう。              〔山崎〕

f:id:kuzan:20110110064257g:image


http://www.let.osaka-u.ac.jp/~iikura/Ninjoji_Ono/syarebon.html

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。