白石大二『現代語のふるさと』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

白石大二『現代語のふるさと』

白石大二

――「国語史」のあり方をさぐる

秀英出版 新書判

昭和41.5.1

声とことば

 声と意味

 応答ことば

人間・世界に関する表現

 「紳士」の系譜

 「世間」「世の中」の系譜

 「来世」の系譜

語句成立の型

 「顔役」「兄でし負け」「兄まさり」

 「この間」「おほかた」

 「~ぐ」「~がる」

助詞「を」の使い方とその根拠

 参議院選挙をたたかう――語義格支配

 青春を生きる

 一語となった「しれは」「それを」

文型の移り変わり

 格助詞「の」をめぐって

 動詞支配する格助詞

 特殊な接尾語名詞をめぐって

 動詞から派生した助動詞――「みたいだ」

 現代語と違う修飾語言い方

動詞「す」の多義性をさぐる

 現代語の場合

 古語の場合

 漢語言い方

口さびしい

よしなしごと

 語義口語訳

 「つれづれなり」「よしなしごと」「物狂ほし」の関係

表現の素姓

 「江戸は神田の生まれ」

 「日の入る夕」

 「つれづれなるままに」

発想の伝統と表現の継承――『つれづれ草』と『かげろふ日記』との場合

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。