白石大二『国語学原論』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

白石大二『国語学原論』

白石大二

朝倉書店

昭和29.8.31発行

ASIN:B000JB6DC4

序 著者の立場と本書の構成

 言語国語

 言語規範性と社会

 言語構造


一 言語表現

 言語言語に似たもの

 表現言語表現

 言語の分析力

 擬声語言語の慣用

 言語の定義


二 言語能力

 幼児・童児と言語の慣用

 児童語の特性

 児童の造語力

 児童の理解

 児童と慣用語

 児童の文の構成力

 児童と敬語

 児童と方言


三 言語表現とその意味

 言語表現意味と慣用

 言語表現多義

 表現理解

 言語表現理解の根拠


四 言語表現の種類

 言語の種類と社会的要求

 文体

 文体論

 文体論表現


五 思想の段落言語の単位

 思想の段落表現

 段落の中の段落

 段落句とう点

 思想の表現と文


六 言語意味形式

 「ぼっちゃん」、「机」の類の語

 「きょう」、「あす」の類の語

 「ぼく」、「きみ」の類の語

 「こう」、「そう」の類の語

 「この」、「その」の類の語

 「する」、「ある」の類の語

 「美しい」、「ない」の類の語

 「きれいだ」、「りっぱだ」の類の語

 形の変る語

 「が」・「を」、「ない」・「た」の類の語

 「および」、「しかし」の類の語

 「ああ」、「おい」の類の語

 語の種類と分類の根拠


七 単語複合語連語・成句

 単語とそれに似たもの

 問題の具体的な検討

 言語表現の実際とその価値


八 イディオム

 イディオムの定義

 実例の一 鰍沢

 実例の二 二番煎じ

 実例の三 尻餅

 実例の四 芝浜

 実例の五 神無月/酉の市/年の市/畳替え/掛け乞い/節分

 連体修飾語意味とその主語


九 文の成分の構成

 文と文の成分

 主語の構成

 述語の構成

 連体修飾語の構成

 連用修飾語の構成

 独立語の構成


十 主語の省略

 主語の省略と欠如

 動詞「いふ」の主語の省略と欠如

 形容詞「よい(いい)」の主語とその省略と欠如


十一 文の成分倒置

 倒置ということ

 倒置の行われる理由

 倒置法とそれに似たもの

 倒置の実例


十二 敬語法

 敬語使用の具体的な場面

 敬語の現れ方


十三 表記法

 表記法の問題点

 漢字の用い方

 送りがな

 かたかな用法

 外来語表記法

 句とう法

 分ち書き


十四 言語音とその種類

 音声とその表わす意味

 音語音の種類

 一音節からできた単語

 アクセント意味の識別

 言語音の種類とその増加

 現代かなづかい


十五 正しくよい言語

 言語的な正しさ・よさ

 生活にかなった言語

 国語改良と正しくよい国語


注 解説参考文献

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。