白柳秀湖『日本民族論』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

白柳秀湖『日本民族論』

白柳秀湖

昭和17.6.17

千倉書房

本書は昭和九年九月を以て初めて世に問うた『日本民族論』の書直しである。

第二編

 第二章 言語学上から見た日本民族の故郷 pp.103-139

単語の研究のみに囚はれた従来の民族研究

擬音に始まった単語には世界共通のものが少なくない

発音上から考へられる民族の血統的相違

パミイル高原で末廣型にその要を接する世界の三大語系

インド-ゲルマン語すなはち屈折語

崑崙語すなはち孤立語

ウラル-アルタイ語すなはち漆着語

ウラル-アルタイ語とインド-ゲルマン語との比較

発音の相違は人類生理組織の相違から生ずる

『ろ』の語頭に来る支那日本語はすべて不祥不吉

民族の渾成と語法の勝利

第三編

 第二章 倭族

  『倭奴國』のよみかたに関する考証

第四編

 第二章 漢民族の集団的包容並にその主要産業の摂取

  『シナ』の語源は秦か絹か

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。