白岩広行「福島方言のノダッケ

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

白岩広行「福島方言のノダッケ

白岩広行

――実は俺、まだ学生なんだっけ

『阪大社会言語学研究ノート』8

2008.3

pp.14-29

1.はじめに

2.福島方言文末詞

2.1.東北諸方言のケ

2.2.福島方言のケ

3.2つの「ノダッケ」

4.文末表現ノダッケの形態統語論的特徴

5.文末表現ノダッケの用法

5.1.基本的意味

5.2.ノダとの比較

5.2.1.「のだ」の用法

5.2.2.野田(1997)の枠組みによる比較

5.2.2.1.スコープの「のだ」

5.2.2.2.対事的な厶ードの「のだ」

5.2.2.3.対人的なムードの「のだ」

5.2.3.聞き手にとっての未知/既知の別による比較

5.2.4.ノダとノダッケの違い

5.3.談話的な特徴

5.3.1. (前置きを述べることによる)ターンの維持

5.3.2.聞き手への反発

6.まとめ

参考文献

金田章宏(1989)「古典語文法東北方言一「けり」と「け」をめぐって一」『国文学解釈と鑑賞』51.8

小林隆(2004)「終助詞「ケ」の歴史――方言形式の成立(2)――」『方言学的日本語史の方法ひつじ書房

渋谷勝己(1994)「鶴岡方言?テンスアスペクト国立国語研究所報告109-1『鶴岡方言の記述的研究』秀英出版

    (1999)「文末詞『ケ』――三つの体系における対象研究――」『近代語研究』10

渋谷勝己澤村美幸・大久保琢磨?松丸真大(2006)「山形市方言文末詞シターベシタ・ガシタの意味にもとついて一」『阪大日本語研究』18 大阪大学大学院文学研究科日本語学研究室

高田祥司(2004)「岩手県遠野方言非動的述語及び否定テンス――〈過去〉の場合における「-ケ」の使用を中心に」『日本語文法』4-2

竹田晃子(2004)「山形市方言におけるテンスアスペクト文末詞ケ」『国語学研究』43 東北大学文学部国語学研究

田野村忠温(1988)「否定疑問文小考」『国語学』152

     (1999)『現代日本語の文法1 「のだ」の意味用法和泉書院

     (1993)「「のだ」の機能『日本語学』12-11

長澤亜希子(1999)「秋田方言終助詞「ケ」について」日高水穂編『秋田大学ことばの調査』秋田大学教育文化学部日本・アジア文化研究室

中田敏夫(1979)「静岡県焼津市方言過去表現『日本語研究』2 東京都立大学日本語研究会

野田春美(1997)『「の(だ)」の機能くろしお出版

半沢康竹田拓(2005>『福島大学研究年報別冊 阿武隈急行グロットグラム調査報告(1)』福島大学

又平恵美子?(1996)「終助詞の研究――「っけ」の機能」『筑波日本語研究』1筑波大学文芸言語研究日本語学研究室

松丸真大(2004)「静岡県榛原郡中川根町方言過去表現真田信治編『静岡・中川根方言の記述』 大阪大学日本語学研究室

山口幸洋(1968)「静岡県方言過去表現について」『国語学』75

    (1999)「テンスに関わる過去表現「~ッケ」の変容」『静岡・ことば世界』2静岡県方言研究会

吉田雅昭?(2004)「東北方言における文末表現形式「ケ」の用法『国語学研究』43 東北大学国語学研究

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。