白子福右衞門・中林忠雄・成沢五郎『重要古典語の記憶』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

白子福右衞門・中林忠雄・成沢五郎『重要古典語の記憶』

白子福右衞門?

中林忠雄?

成沢五郎?

『重要古典語の記憶』

明治書院

A6 155頁

昔と今とで意味のちがうことば

あからさまなり

あさまし

あそぶ

あたらし

あながちなり

あはれなり

あらまし

ありがたし

あるじ

いそぎ

いたはし

いとほし

いまいまし

うつくし

うるはし

おとなし

かしこし

かなし

かはゆし

くやし

ここら

こころぐるし

ことわる

さながら

すさまじ

せめて

つとめて

つらし

つれなし

なかなか

なさけなし

なまめかし

なやむ

にほひ

ののしる

はしたなし

はづかし

ふるさと

まもる

むつかし

めづらし

めでたし

もてなす

もてはやす

やうやく

やがて

やさし

やつす

ゆかし

をかし

をこがまし

をとこ

いろいろな意味をもっていることば

あぢきなし

いかで

いみじ

うそぶく

おこたる

おぼえ

かたはらいたし

かつ

かつがつ

かよふ

きこゆ

こころなし

さぶらふ

さるは

したたむ

たてまつる

たまふ

ところせし

なごり

ねんず

はべり

まうす

まねぶ

みる

ものす

ゆゆし

よに

わたる

わびし

発音が同じで意味のちがうことば

あかる

うつろふ

おきつ

おろかなり

かげ

かづく

さうざうし

さらぬ

しる

つら

ながむ

よそふ

ゐる

対(つい)になって使われることば

あだな

まめなり

いぎたなし

いざとし

いも

うしろめたし

うしろやすし

うつつ

ゆめ

おもておこし

おもてぶせ

かたほなり

まほなり

けうとし

けぢかし

こころおとり

おころまさり

つきづきし

つきなし

ひなぶ

みやぶ

まかる

まゐる

みいる

みいだす

めて

ゆんで

めやすし

みぐるし

ゆくさ

かへるさ

くさ

よろし

わろし

をとこで

をんなで

形が似ていてまちがいやすいことば

あいなし

あへなし

あた

あだ

いさ

いざ

いらふ

いろふ

けに

げに

このかみ

そのかみ

めうつし

めうつり

よし

よろし

夜ふかく

夜ふけて

夜をこめて

特殊な古典語

あいぎゃうづく

あざる

あてなり

あなづらはし

あやなし

あやにくなり

いうなり

いさよふ

いたく

いたづく

いつく

いで

いと

いはけなし

いひくたす

いひけつ

いひしろふ

いぶせし

います

いまめかし

うし

うたて

うちつけなり

うとし

うべ

うらなし

うれたし

えうなし

えんなり

おいらかなり

おくる

おこす

おこなふ

おどろおどろし

おのがじし

おのづから

おはす

おふなおふな

おほけなし

おぼつかなし

おほどかなり

おほとの

おほとのごもる

おほやけ

おぼろげなり

おもだたし

およづく

かきくらす

かぎり

かけず

かけまくも

かこつ

かしがまし

かしづく

かたくななり

かたみに

かたらふ

かど

かど

かにかくに

かまへて

からに

がり

かる

きは

きよらなり

ぐす

くすし

くたす

くちをし

くもゐ

くんず

くんず

けうとし

けおさる

けしきだつ

けやけし

こうず

こころづきなし

こころづくし

こころにくし

こころばへ

こころもとなし

こころゆく

こちたし

こちなし

ことごとし

ことわり

こまやかなり

こよなし

こりずまに

さうざうし

さうなし

さが

さかし

ささめく

さらなり

しどけなし

しほたる

しるし

すきずきし

すくよかなり

すごし

すさぶ

すずろなり

すだく

すなはち

せうそこ

せちなり

そこはかとなし

たいだいし

たえて

たぐふ

たどたどし

たのむ

たれこむ

たをやかなり

ちぎり

つたなし

つつまし

つと

つゆ

つれづれなり

ときめく

とみなり

なげなり

なづむ

なにがし

なのめなり

なべて

なべに

なめし

ならふ

にげなし

ねたし

ねぶ

はかなし

はかばかし

ひがひがし

ひとげなし

ひとわろし

びんなし

ふつつかなり

ふりはふ

ほいなし

ほど

ほとほと

まうづ

まかづ

まかる

まさなし

まだし

まどふ

ままに

まめまめし

みそかなり

みやぶ

むくつけし

むげなり

むねむねし

めざまし

めす

めづ

めやすし

もしほたる

やむごとなし

ゆくりなし

よし

よすが

よづく

らうがはし

らうたし

らうらうし

わくらばに

わづらはし

わらは

をさをさ

をぢなし

特殊な慣用句

あかず

あかなくに

あととふ

あなかま

あへず

あやめもしらぬ

あらなくに

あらぬ

ありつる

ありとある

ありのすさび

ありもつかず

いへばさらなり

いをぬ

えさらず

えならず

かぎりあるみち

けしからず

こころあり

こころをやる

さしたる

さてありぬべし

さらぬわかれ

さるものにて

ときしもあれ

なべてならず

ひとやりならず

まことや

みかうしかゐる

むかしおぼゆ

めもあやなり

もぞ

やるかたなし

ようせずは

よにしらず

れいならず

れいの

付録

 敬語

 枕詞

 季語

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。