白井寛蔭

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

白井寛蔭

ヒロカゲ寛蔭(白井)音韻學者。音韻假字用例(萬延元年三月刋)を著して本居宣長字音假字用格の説を駁す。

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/kensaku/hagayaiti/haga0873.html

寛蔭 語學者【姓】白井【生歿】未詳。但し幕末の人。【閲歴】未詳。但し黒川春村に就いて國語を學んだ人であるが、殊に漢字の音韻には頗る造詣が深かった。その著「音韻假字用例」(別項)は、宣長の「字音假字用格」(別項)を徹底的に増補訂正したもので、「字音假名遣」は、本書に至って大體完成したと言ふ事が出來る。又春村の「音韻考證」(別項)は、寛蔭に依って増補せられた所が甚だ多い。なほ東條義門の「於乎輕重義」の黒川本と言はれて一般に行はれてゐるものは、寛蔭義門自筆草稿本を筆寫したのを春村が人をして寫さしめ、それから諸方に轉寫せられたものである。             〔龜田〕

f:id:kuzan:20100724140706g:image

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。