發音辨義

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

發音辨義

發音辨義は星野多仲?の輯で明治十年の出板。一字數音あるものを蒐め、畫數に之を序でゝ音變る毎に大字を出し、音と義と例證とを註したもので、發字便蒙は四聲に別けて出したのを今は一字の下に併看するの便が有るやうにして有る。之によると敦の八音(度官反を出さぬは詩集傳の説と用ひたのか)が最も多く、賁辟厭数の七音之に次ぎ、從隋單填が六音で、この九字以外は五音を越ゆるものは無いやうだ。收むる所六百二十九字。

岡井慎吾日本漢字学史』)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。