發字便蒙解

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

發字便蒙解

發字便蒙解は水戸守山の藩主源黄龍?公が命によりて成りたもの。發字とは上記正義に「字に數音あれば義を観て點發す」とあるもので義によりて聲の轉するのを示す圏發で有る。公が之を類集せしめて一書となされたは元文の末(二四〇〇)らしいが再板に増補し、戸崎允明が両君の命によりて更に校正したのが此の書で安永五年(二四三六)の刊。たとへば丁の字はヒノトアタルの時も木を伐る聲の時も平聲、合の字は合フの時も合ハセルの時も入聲だが、倶に下の場合(聲が變る場合には本音で無いのに)にのみ圏發することになつて居る事を明にしたもので巻首には畫引の索引が有るなど親切に出來て居る。

 この書には新訂發字便蒙解といふも有る。廣部精明治十二年の撰で字を増し且つ各字に韻を標して無かつたのをも補ったもの

岡井慎吾『日本漢字学史』

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。