町田健『まちがいだらけの日本語文法』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

町田健『まちがいだらけの日本語文法』

町田健

2002.7

講談社現代新書1618

まちがいだらけの日本語文法 (講談社現代新書)

まちがいだらけの日本語文法 (講談社現代新書)


はじめに 文法はなぜ必要なのか

第1章 単語が並んで文を作るしくみを考える

 文を文節に区切って何がうれしいのか

 「自立語」と「付属語」の区別は何の役に立つのか

第2章 動詞を見れば文の性質がわかる

 「未然形」や「連用形」という名前はこれでいいのか

 自動詞他動詞の区別はよくわからない

 日本語にはどうして未来形がないのか

第3章 助動詞は文の性質をさまざまに変更する

 動詞否定する「ない」と形容詞否定する「ない」

 「推量」や「推定」の助動詞をどう区別するか

 「れる/られる」の教え方は正しいか

第4章 助詞が「助ける」もの

 「格助詞」の「格」とはどういう意味なのか

 「は」はどうして「副助詞」なのか

第5章 文のしくみを説明してこそ「文法」だ

 「太朗は平泳ぎが上手だ」の主語は何か

 どうして日本語述語文末に来るのか

 日本語にはどうして関係代名詞がないのか

第6章 国文法はどうしてこんなに問題が多かったのか

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。