田辺聖子「ダンスと空想」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

田辺聖子「ダンスと空想」

田辺聖子

小説

関西弁会話

神戸


文春文庫

p.24 「歯切れのいい東京弁

海野さんは戦災に遭うまで大阪で育った人なので、大阪弁である。コーベ弁には「はる」という敬語がないので、五十ちかい中年男の海野さんが、

「……思てはる」

「……言いはる」

などというと、モッチャリと、からみつくような、やさしい色気が感じられる。コーベ弁はもっと粗放でからっとしているので、海野さんの大阪弁はことさら耳につく。

しかしそれは、不快なものではない。

p.68

p.103 「東京弁大阪弁、ごたまぜ、アクセントもどこのものとも分らない言葉である。」

p.158 「私は思わず、婦人の囗ぐせがうつって、上品な東京弁になってしまう。」

p.238 「来てくれとってやったん?」

p.392

「話ですワ……」の「ワ」がいい。気弱なひびきが正直に出てる。東京の人は、

関西弁というのは、男も女言葉を使うんですね」

と驚くが、関東弁では、女が男の言葉を使うではないか。関西で、男のつかうそれは、女コトバとちょいと違っていて、「語尾」に男っぽい表情がある。

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。