田村紀雄『電話帳

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

田村紀雄『電話帳

田村紀雄

電話帳 家庭データベースの社会史』

中公新書848


昭和62年8月25日発行

ISBN:4121008480

目 次

序 なぜ電話帳話題にするか

 電話帳 それは最大の出版物 

 効果的な広告媒体 

 豊かなデータベース 

 ニューメディアの先端事業 

 世相や風俗資料 

 国境のないビジネス

1 電話帳の出現

 電話交換のアイデア 

 「ニューヘブン局加入者リスト」

  電話をビジネスにした男 

 複数電話帳、加入者数を互いに誇示 

 "電話のかけ方"指南書でもあった

2 広告媒体の発見

 ベル系と独立系会社の先陣争い

 一九世紀、早くも日本人の名 

 国より州政府の方が電話行政に熱心 

 新聞社の最初の「電話帳警戒論」

 電話帳を使った商売の始まり 

 米国版「残留孤児」の橋渡し 

 中国電話帳、現われる 

 ライバル電話局の双方へ加入 

 亀井ホテル「ホノカア25番」・布哇 

 114、「ダブルワン・フォア」と言いなさい

3 電話帳出版がビジネスに

 先輩格新聞雑誌のすき間 

 電話帳共通のトレードマーク 

 電話帳そのものの宣伝 

 「市街案内帳」出版社の参入

4 表現方法.著作権思想の抬頭

 「ジュゲム」の名前、持ち込まれる 

 「ドクター」をリスト名につけるべきか 

 正式名と通称を二重に掲載せよ 

 やさしい単語広告コピー

 電話帳著作権論争 

 「出版参入しないから、ショバ代出せ」

5 世界最大の企業、ATTの進出

 電話が第一次大戦の"武器"に 

 政治の介、「地域一社」法ヘ 

 イエローページ印刷 

 地下鉄も経営していたATT 

 「めったに利用しない店」に向く広告 

 「イエローページ」の考え方がふくらむ 

 ATT、名編集長をスカウト

6 出版物としての社会的責任

 FCCの誕生と電話熱 

 ATT、世界一の会社へ 

 聖書を上回る年間発行部数 

 住所変更、年間ス一〇〇〇万件 

 公衆電話台の電話帳、毎日交換 

 「自動車」だけで九〇の索引項目 

 信頼される表現とルール 

 どの家にも電話帳

7 日本電話帳

 明治二三年の「加入者人名表」

  短命だった戦前の電話帳広告 

 「官製電話簿の広告価値より優る」私製版 

 戦後の第一号はGHQ版?

 "私製"電話帳三〇〇〇種 

 情報化社会の電話"帳" 

 家庭の"データブック"になれるか

あとがき 

参考・引用文献

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。