田島優「表語文字としての漢字」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

田島優「表語文字としての漢字」

田島優

朝倉漢字講座

 1.はじめに  1

 2.素材としての漢字と要素としての漢字

 3.漢字使用の実態  3

 4.和語漢字表記  5

 5.表形態素文字  6

 6.熟字表記としての漢字機能  8

 7.音的表記(字音表記字訓表記)

 8.表記の動きから見た漢字機能  11

 9. おわりに  14

文献

河野六郎文字の本質」『岩波講座日本語8文字岩波書店(1977)

寿岳章子人名漢字」『漢字講座3漢字と日本語明治書院(1987)

田島優近代漢字表記語の研究和泉書院(1998)

陳力衛『和製漢語の形成とその展開』汲古書院(2001)

野村雅昭複合語構造」『朝倉新日本語講座1文字表記語構成朝倉書店(1987)

野村雅昭字音形態素考『国語と国文学』76巻5号(1999)

早田輝洋「日本語と表音文字」現代作文講座6文字表記明治書院(1977)

松井栄一『続・国語辞典にない言葉南雲堂(1985)

森岡健二「文字形態素論」『国語と国文学』45巻2号(1968)(後に森岡健二(1987)に所収)

森岡健二日本語と漢字」『ソフィア』35巻4号(1986)(後に森岡健二(1987)に所収)

森岡健二現代語研究シリーズ2文字の機能明治書院(1987)

森岡健二『要説日本文法体系論明治書院(2001)


池上禎造『漢語研究の構想』岩波書店(1984)

犬飼隆シリーズ〈日本語探究法〉5文字表記探究法』朝倉書店(2002)

河野六郎『文字論』三省堂(1994)

中田祝夫日本語の世界4日本の文字中央公論社(1982)

西尾実時枝誠記監修『日本語教育のための国語講座3表記法の理論と教育朝倉書店(1958)

橋本萬太郎編『世界の中の日本文字』弘文堂(1980)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。