田中重太郎

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

田中重太郎

たなかじゅうたろう

19170707〜19870516 国語年鑑1987

http://id.ndl.go.jp/auth/ndlna/00082269


大正六年七月七日 京都市で生まれる

昭和五年三月   京都市立仁和小学校卒業

昭和十年三月   京都市立第二商業学校卒業

昭和十年四月   大阪朝日新聞社営業局会計部勤務(昭和十二年三月まで)

昭和十一年十二月 中等教員国語科検定試験合格

昭和十二年四月  立命館中学校(商業学校)教諭

昭和十二年十二月 中等教員漢文科検定試験合格

昭和十四年十一月 高等教員国語科検定試験合格

昭和十六年四月  立命館大学予科教授

昭和二十四年四月 立命館専門学校教授、立命館大学短期大学助教授

昭和二十七年四月 池坊学園短期大学教授

昭和三十四年四月 相愛女子短期大学教授

昭和三十五年二月二十七日 文学博士大正大学

田中重太郎『耳順抄』?による

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。