田中章夫『近代日本語の語彙と語法』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

田中章夫『近代日本語の語彙と語法』

田中章夫

近代日本語の語彙語法

東京堂

 はじめに


 第一章 語彙構造

一、単語のテリトリー

二、単語の類義的なまとまり

三、単語の対義的なまとまり

四、語彙のまとまりの諸相

五、語彙構造変化


 第二章 語彙調査基本語彙

一、語彙の数量的性格

二、語彙調査の諸問題

三、基本語彙の選定

四、語彙の量的構成と分布

五、語彙調査の副産物


  第三章 語彙論の展開

一、語彙研究の歩み

二、語種論の課題

三、同音語とその判別

四、大野の法則と樺島の法則

五、計量語彙論の応用


  第四章 近代表記漢字

一、漢字の基本度

二、音訓のウェイト

三、漢字の自動解読

四、振り仮名の動向

五、漢字依存度の推移


  第五章 標準日本語への動き

一、標準日本語の姿

二、京ことば江戸ことば

三、東京語標準語

四、山の手ことば下町ことば

五、新しい標準語──首都圏ことば


  第六章 近代語法の性格

一、標準日本語語法

二、ラ抜きことば成立

三、デアルの生態

四、「(行っ)チャッタ」と「(行っ)チマッタ」

五、(〜する)ワケダ・セイダ・ハズダ・コトダ


  第七章 近代語法の諸相

一、「ニ」と「ヘ」の問題

二、「天気ノいい時」と「天気ガいい時」

三、「(一つ)ハッチャナイ」から「(一つ)ッキャナイ」まで

四、「カラ」と「ノデ」

五、近代コトバ論議


  第八章 近代敬語表現

一、「オ(ゴ)〜ニナル」の一般化

二、「オ(ゴ)〜スル」の一般化

三、「〜デアリマス」から「デス」へ


▽おわりに

図表一覧

▽初出文献一覧

索引

英文目次

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。