玉上琢彌『源氏物語研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

玉上琢彌『源氏物語研究』

玉上琢彌




中世源語伝本攷

敬語と身分

源語成立

成立論議

物語構成

物語音読論序説――源氏物語の本性(その一)――

敬語文学的考察――源氏物語の本性(その二)――

屏風絵と歌と物語と――源氏物語の本性(その三)――

桐壺巻と長恨歌伊勢の御――源氏物語の本性(その四)――

源氏物語構成――描かれたる部分が描かれざる部分によって支えられていること

源氏物語読者――物語音読論――

平安女流文学

国文解釈の試み

源氏物語に影響を及ぼした専攻文学

源氏物語の引き歌(その一)

源氏物語の引き歌(その二)

源氏物語ことば

平安文学読者層

隆能源氏絵詞「蓬生」鑑賞

源氏物語の巻名その他

源氏物語准拠論

源氏物語作中人物呼び名の論

女のために女が書いた女の世界物語

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。