犬飼隆『木簡による日本語書記史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

犬飼隆『木簡による日本語書記史』

犬飼隆

木簡による日本語書記史

笠間書院

2005年12月1日 初版第1刷発行

ISBN:430570305X

前書き

年表

【序論】

木簡日本語史研究にもたらすもの

 導言

 1 八世紀日本における漢字の普及度

 2 地方における漢字の普及度

 3 七世紀以前の実状を知る手がかり

 4 朝鮮半島との関係

 5 結語

 注

【本論】

第一章 日本語史資料としての七世紀木簡

 1 七世紀日本における漢字漢語の普及

 2 漢文訓読字訓体系成立

 3 日本語に馴化した字音体系

 4 漢字日本語の文を書く諸様式

 5 朝鮮半島の漢字使用とのかかわり

 注

第二章 森ノ内遺跡出土手紙木簡書記様態

 導言

 一、森ノ内木簡字訓の性格

 1 森ノ内木簡の使途と書記様態との相関

 2 森ノ内木簡用字の検討

 3 森ノ内木簡用字の位置

 注

 二、壬申誓記石と森ノ内木簡の空格

 1 壬申誓記石の方量と書記様態と文意の相関

 2 句読の示標としての空格

 注

第三章 木簡上の日本語

 導言

 一、木簡の「ひとつひとつ」「ひとりひとり」

 1 畳語形態による択一の語法

 2 二項並列の構文と文意

 注

 二、人名「あしへ」と集団を指す「つら」

 1 人名「悪閇」の語形語義

 2 「つら」による業務担当

 3 人員の派遣と記録

 注

第四章 地方中心地における漢字の受容

   観音寺遺跡木簡

 1 七世紀前半の層

 2 七世紀中頃の層

 3 七世紀後半~七世紀末の層

 4 七世紀末~八世紀前半の層

 5 結語

 注

第五章 大宝二年度戸籍と木簡

 導言

 一、美濃国戸籍の文字言語史上の位置

 1 美濃国戸籍が編まれた頃の漢字使用

 2 文字言語としての美濃国戸籍の位置

 3 中国籍帳の様式との乖離

 4 記載された人名に反映している言語

 注

 二、「枚」と「牧」の通用ー「牧夫」は「ひらぶ」

 1 上代戸籍の命名原理

 2 「枚」と「牧」の通用

 3 「牧夫」は「ひらぶ」

 4 通用の背景

 注

第六章 万葉仮名「皮」

    万葉仮名前史試論

 1 万葉仮名「皮」の存在確認

 2 万葉仮名「皮」は「波」の略体

 3 単体の万葉仮名であった可能

 4 朝鮮半島の仮借との関係

 5 字音と語音の整合性

 6 五世紀の音韻体系推定の端緒

 7 字音音韻認識

 注

第七章 古事記木簡漢字使用

 1 問題設定

 2 漢字字種の比較

 3 漢字用法の比較

 4 言語要素の文字化・非文字化

 5 書記様態の比較

 6 結語

 注

第八章  「歌」の習書木簡

    律令官人が「難波津の歌」を書いた理由

 1 律令官人が「歌」をつくる

 2 出土資料に書かれた「難波津の歌」ども

 3 出土資料に書かれた日本語韻文

 4 詠歌の場とその記録

 5 漢字で「歌」を書き和歌を書く書記様態

 6 結語

 注

  後書き

  著者索引

  キーワード索引

      

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。