物集高世

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

物集高世

物集高世 もづめたかよ 國學者

【通稱】丈右衞門【號】葎生

【生歿】文政六年豐後杵築に生る。明治十六年二月歿す。享年六十一。

【閲歴】高世は杵築の商人の子であるが、早く學に志し.藩の儒臣兀田百平について漢學を學び、又豐前企救郡の定村直好に神道及び歌學を學んだ。慶應四年豐前國宇佐學館へ招かれて神典の講義をなし.次いで杵築藩から命ぜられて神官教授方並に國學教授となつた。明治二年神祗官宣教使を拜命、翌年宣教權少博士になつた。これより先、功に依つて士族に列した。高世は初め赤貧洗ふが如くであつたが、何等意に介せず、刻苦勉學したのであつた。その最も力を注いだのは神道に關するものであり、次いでは歌學に關するものである。而して後者に於ては、特に「辭格」を研究した。所謂「辭格」とは、手爾波のとゝのへではなく. 「何々にも」「何々をぞ」などいふ語の「に」が「も」にかゝり、「ぞ」が「を」を受けるのに一定の格があるを云ふ。その説は未だ整備したものではなく.不備誤謬もあるが、從來の手爾波呼應の研究から一歩を進めたものであつて、注意すべき點が少くない。

【著書】辭格考 二卷

○辭格考抄本 二卷二册(安政五年刊)

○歌學新論一卷

○熟語彙一卷

○口辭格考二卷

消息文梯一卷

説教話柄一卷

〇十七問題辨設一卷

○教義之説一卷

○宣教講本一卷

○祈祷文章二卷

○邪教抜萃一卷

○神道本論五卷

説教本稿一卷

○耶蘇叢書一卷

○外教祕書一卷

○神道餘論一卷

○妖魅論一卷

○葎屋家集一卷

○葎家文集一卷。

【參考】日本教育史資料(卷五)

    〔龜田〕

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/25272048.html

PDD図書館獨澄旻さん)の人名辞典に項目あり。
http://www.cnet-ta.ne.jp/p/pddlib/biography/frame.htm

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。