牛島徳次『漢語文法論(古代編)』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

牛島徳次『漢語文法論(古代編)』

牛島徳次

昭和42.1.10

大修館書店

緒論

本論

第1編 文の基本構造

第2編 詞と句

第3編 文

通説

絶対文——平叙文——

相対文(其の一)——質疑文——

質問

 疑問詞を用いないもの

語調による場合

語気詞による場合

特殊な文型による場合

 文末に「否定」を表わす詞を用いるもの

 「選択疑問」の形を用いるもの

 疑問詞を用いるもの

疑惑

 懐疑

 容疑

 弁疑

相対文(其の二)——命令文——

複文

まとめ

結論

付録

主要漢語文法研究書目

史記漢書」巻数・卷名一覧及び対照表

索引

 事項索引

 人名書名索引

 語彙索引

 漢字検索

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。