片糸

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

片糸

中島広足

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/ka/kaidai_ka018.html

片糸 一巻一冊

 中島廣足著。嘉永六年刊。本書は「ぬる」「つる」「にし」「てし」の用法を説いたものであって、初に先人の説を擧げて次に自家の説を記してゐる。即ち「ぬる」「つる」については宣長の「玉霰」、義門の「玉緒繰分」等の説を引いて前者は自然の語?自ら然る語)を受け後者は使然の語?(求めて然する?語)を受けるのが大體の法則であるが又互に通ずるものもあると云ふ義門宣長の論を穏當であるとして、いづれかと言へば「ぬる」はやゝ重き方に「つる」はやゝ輕き方につくと思はれると云ってゐる。次に萬葉集八代集等に就いて「ぬる」「つる」等が如何なる語に續き、如何に用ひられてゐるかを研究してゐる。猶「にし」「てし」の類の用法を説いて「ぬる」「つる」の用法に略同じきものなりと記してゐる。以上本書の説く所「玉霰」や「玉緒繰分」以上に出るものではないが、多くの例證を擧げて詳細に研究し是等先輩の説を裏書きして居る點は大に多とすべきである。

亀田次郎国語学書目解題」)

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。