無着成恭編『続・山びこ学校』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

無着成恭編『続・山びこ学校』

無着成恭

教育文庫1

続・山びこ学校

1970年7月15日 発行

1980年7月30日 4版

編者 無着成恭

発行者 布村哲夫?

発行所 麥書房?


まえがき


第1部 発音ローマ字

  母音   鈴木仁 11

  かな文字ローマ字     酒本菜穂子・人見千鶴 11

  母音はねる音子音のちがい 平川美地13

  はれつ音とはじき音 上野慶久 18

  dとrのちがい 酒井晴美 20

  はれつ音とはれつ・まさつ音 福井敏博 22

  鼻音 長瀬裕子 26

  bとm 小島孝一 28

  はねる音鼻音のちがい 中川俊郎? 30

  子音のまとめ 大林克行 35

  子音のまとめ 堀口敦子 40

  母音半母音 宮下今日子・安藤ひろみ・内山ゆりや・田中良・柏木久美子 47

  半母音 西村俊一 51

  子音の上あご音化とねじれた音節の関係 綿貫秀一 54

  つまる音 長谷川真理 58

  つまる音 小林正季 60

  つまる音立川篤62

  はねる音 小島康克64

  とくべつな音節(ta行のばあい) 鳥勒吉エリヒム 67

  とくべつな音節(da行のばあい) 玉川啓子 70

  とくべつな音節(da行のばあい) 本橋マユミ 71

  とくべつな音節(ねじれた音節のばあい)石川直美 74

 解説 奥田靖雄 77


第2部 文法       81

  文 田内若夫        83

  文について        福井敏博 85

  文を部分にわける 小島康克 87

  主語述語       酒井晴美 90

  対象語について 西村依子 91

  修飾語について 沼田稲子 97

  状況語について 梅津久美子 99

  対象語のくっつくところと状況語のありか 広兼マリ 102

  物の空間化,動作の時間化 子安次郎 104

  に格の名詞について 奥津淳 106

  規定語について 青池ひかり 113

  修飾語と規定語のちがい 渡辺理映 114

  独立語のやくわり 斎藤光義 118

  とりたての「は」 藤田格121

  「鳥は飛んだ」と「水は飲んだ」のちがい 栗原明子 121

  苦労したを格の名詞 六井えり 124

  名詞が文の中でつかわれるとき 須田一郎 127

  動きをあらわす動詞と状態の変化をあらわす動詞のちがいについて 鈴木仁 136

  動詞語尾変化について 田内常夫 139

  動詞について 綿貫秀一 140

  明星学園の勉強と進学教室の勉強 栗原明子 151

  おくりがな 村松得至 159

  受身をあらわすたちば動詞 高橋雅一 164

  すがた動詞 上原健次 169

解説 奥田靖雄 184


第3部 文学と生活 193

 「あか』を勉強して 横山祐三 195

 『あか』を勉強して 富永紅 196

 『あか』を勉強して 田部真奈 198

 『あか』を勉強して 酒井晴美 199

 「夏の花』を勉強して 平野真 202

 『夏の花』を勉強して 岡本直子 205

 『夏の花』を勉強して 宮下純一 207

 『夏の花』を勉強して 岡田壮平 208

 「せい」と「おかげ」安瀬亮子 209

 お年玉の思い出 上川純子   212

 モデル・ペット 平野康  217

 喧嘩 宮下純一 220

解説 無着成恭 224


第4部 数学 229

 互除法 井出謙二 231

 分数のかけ算は,なぜ分母と分母,分子と分子をかければよいのか? 富永紅 235

 比例 柳幸枝 237

 もっともよくわかったこと(等式の性質) 沼田稲子 239

 正負の数の四則 飯田圭子 241

 正負の数の加法と減法 桜井茂 243

 四角形 横井今日子245

 対称 青池ひかり 246

 立体図形 小島康克 248

 正多面体 福井敏博 250

 体積 立川篤 255

 一次方程式 立川篤 257

解説 野沢茂 265


第5部 自然科学 271

 物質の三態について 大島真彦 273

 物質の三態と三態変化 小坂部伊作 275

 「ライオンの捕食生活」を勉強して 六井えり 278

 ライオンの捕食生活 鈴木仁 281

 まさつ力 伊庭幸人 283

 かっ車 西村依子 287

 力の勉強をして 大島美穂2gO

 力のモーメント 白石等 303

 塩酸のはたらきと特徴 須田一郎 308

 塩 立川篤312

 物質の化学変化 和田二月子・汐川美紀・鈴木日女美・

 竹内えり子・大島美穂315

 原子のしくみ 君田修一 322

 液体の圧力について 真鍋穂文 324

 熱量と比熱 竹内えり子 331

 熱量一複比例する量一 細見あき子 336

 力学的エネルギーと内部エネルギーの相互転化について

 (スタップおじさんの思い出のノートから)玉川美佐子 341

 右ネジの法則とその応用 須藤英津子 354

 磁場と『ローレンツ力 青池ひかり 358

 酸について 大幡久之 368

 遠藤豊 377       '


第6部 英語 387

  英語母音子音 宮川摂 389

  「2音節単語」を勉強して 六井えり 395

  音節のよわまり,よわまり母音の3種類 須田一郎 3g8

  2音節以上の単語 栗原明子 400

  名詞動詞の形つくり 栗原明子・奈良紀子・松本妙子・福田寿子・市原みちよ・大谷光世 402

  英語述語 小林嘉技・塚越千早・徳永祐美子・長谷川真理・安瀬亮子・小長井絹子 404

  継続相? 稲垣伸博 406

  継続相(文のしくみ) 井沢恵子 414

  結果相について 大幡久之 421

  結果相? 小布施直哉 427

  受け身?の立場 たなか・けん 433

  不定詞?(to+基本形) 鬼丸元子 440

  規定語 松井衛子 446

  あわせ文 服部マキ子 450

  従属節 青池ひかり 454

解説 渡辺慎晤 459


あとがき 『山びこ学校』から『続・山びこ学校』まで…469

 1.なんのために作文集を出版するのか 471 

 2.出発点としての『山びこ学校』 474 

 3.『続・山びこ学校』まで 479 

 4.作者について 483 

 5.印税のこと 485 

 6.最後に 487


第二版へのあとがき 1972年6月

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。