濱田敦『日本語の史的研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

濱田敦『日本語の史的研究』

濱田敦(浜田敦)

日本語史的研究

昭和59年8月

臨川書店

   序にかえて……………………………………遠藤嘉基

    第一編

  一 音韻史

  二 丁寧な発音とぞんざいな発音

  三 ガ行子音

  四 拗音

  五 撥音と濁音との相関性の問題

    ――古代語における濁子音音価――

  六 連濁と連声

    ――同化の問題――

  七 ゆれ

  八 古代国語における挿人的子者


     第二編

  一 形容詞の仮定法

  二 「蹴る」と「越ゆ」

  三 「やうやう」から「やっと」へ

     ――語の意味の変化の一例として――

  四 国語副詞史的研究

     ――あながち――

  五 肯定と否定

     ――うちとそと――

  六 漢語

  七 播磨国名考

  八 和名類聚抄

    著作目録

     あとがき 遠藤邦基濱田敦

     索引

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。