濱田敦『国語史の諸問題』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

濱田敦『国語史の諸問題』

濱田敦

国語史の諸問題 (研究叢書 (27))

国語史の諸問題 (研究叢書 (27))

和泉書院

1986

目次

はしがき

濱田敦

第一編

 一 音韻論的解釈

 二 促音沿革考

 三 促音撥音〔附)紹介

 四 長音〔附〕日本地理志料開題

 五 音便――撥音便ウ音便との交錯――

 六 安達・宇達の「達」について

 七 釈簡

 八 犬の遠ぼえ

第二編

 一 万葉集助動詞

 二 上代に於ける願望表現について

 三 上代に於ける希求表現について

 四 「ます」「います」という語について

 五 中世の文法


第三編

 一 シナ資料

 二 魏志倭人伝などに所見の国語語彙に関する二三の問題

 三 国語を記載せる明代シナ文献

 四 日本風土記山歌註解

 五 海東諸国紀に記録された日本の地名等について

 六 海行捻載に散見する日本語


第四編

 一 明治以後における国語音韻史研究

 二 新村先生の人と学問

 三 新村出全集第二巻解説

 四 朝鮮語の先生

 五 時枝誠記博士著『現代の国語学」の書評によせて

 六 昭和36年における国語学の展望国語政策国語問題

あとがき 木田章義

索引

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。