澤瀉久孝『玄米の味』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

澤瀉久孝『玄米の味』

澤瀉久孝

昭和21.5.20

――日本的感覚への思慕

 私が今迄に書きちらした雑文のうちで、国語問題に関するものを集めて弘文堂書房より、(中略)また衣食住に就いて述べたものを集めて「玄米の味」と題して新日本図書株式会社より、それぞれ出版する事にきめて既に原稿も渡してゐたのを時局の急迫と共に中止の形となり原稿の返還をうけたなかに

清く明く 序にかへて

玄米の味

和服のこころ

年中行事その他

教養」への反省

萬葉人の健康と食物

菓子談義

茶室と鑿

もとすゑ

仙壽院老師の話

そらごとたはごと

後記

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。