漢字要覧

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

漢字要覧

漢字要覧 一冊

 國語調査委員會編。明治四十一年刊。本書は(一)漢字の創製及び構造(二)漢字の變遷及び字體(三)字音及び字訓(四)熟字(五)本邦假借字(六)本邦轉用字等の大體の事について中等教育の參考書として編纂したものであって、その編纂の主旨上、専門的な研究を主としたものではないが、今日我々が用ふる漢字の起源。沿革。組織。意味等全般について簡明に説いてゐるので初學者にとって重要な參考書と言ふべきである。

亀田次郎国語学書目解題」)

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/PDF/kanjiyoran.pdf

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/992446

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1118426

  凡例

一 本書は漢字に関する大軆のことを知らしむるを以て目的として編纂せり

一 本書は現今の中等教育程度に於て必要なる範囲に止め、固より専門学者研究の為めに著したるものに非ざれば、成るべく簡易を主として、詳密なる議論は、総て之を避けたり。

一 本書の例に挙げたる文字言語は、総て普通に用ゐるものに就きて大概を示し、その奇僻に渉るものは之を取らず。但し六書説明、及び文字変遷、その他、已むを得ざる場合に於ては、三四の特例あり。

一 本書の編纂に関しては材料に供せし書は、尠からずと雖も、その中、特に初学の参考に必要なるもの数種を択びて、毎章の末に附録せり。

一 本書の編纂は、補助委員林泰輔、専ら之を担任したり。

(原文片仮名

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。