滝浦真人『山田孝雄』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

滝浦真人『山田孝雄』

滝浦真人(2009)

山田孝雄――共同体の国学の夢』

講談社

二〇〇九年九月三〇日第一刷発行

217頁



再発見日本哲学

凡例

はじめに

第一章 国学国語学  畢生の目的 13

第二章 文法という思想

   喚体述体とは何だったか

第三章 敬語の「法則」は発見されたか

   敬語論と「人称説」 75

第四章 「敬語」の語り方――山田が遺したもの

第五章 国体と桜  最後の連歌師と"動かぬもの"

おわりに

   注

   引用文

 附録 山田孝雄 年譜 

  読書案内

  『山田孝雄博士著作年譜』

  あとがき 

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。