源了圓『義理と人情』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

2020年1月末に消えるそうですが、移転先は未定です。

源了圓『義理と人情』

源了圓

中公新書 191

──日本的心情の一考察

昭和44年6月25日初版

はじめに


1 「情と共感」の文化

  ──日本的ヒューマニズム

 日本文化の「情と共感」的性格

 日本のルネサンス─安土・桃山時代の精神

 「人欲を去るは人にあらず」

 日本的ヒューマニズムの思想的基盤-宣長の「物のあはれ」論

 「情」の性格

 日本人の「人情」観


2 義理の構造

  ──個別主義的社会の人間関係

 1 義理とは何か

  「義理と人情」は「公と私」か

  「冷たい義理」と「暖かい義理」

  義理の個別主義的性格

  辞典の義理解釈

  戦前の義理研究

  義理は普遍的なものか、日本的・特殊的なものか

  義理の具体的条件

 2 義理的事実と義理の観念

  日本社会の構造と義理的事実の成立

  超越的な一神教をもたない文化と義理

  儒教的義理の日本化

  義理究明の手続き

  近世封建社会の構造と義理の観念

  私の義理観


3 義理と人情文学

  『武家義理物語』から『人生劇場』まで

 1 西鶴にみる義理と人情

  義理の理想化

  二つの支配原理の分裂と価値観の動揺

  『武家義理物語』にみる義理の原初的形態

  三つの義理の構造連関

  信頼にたいする呼応としての義理

  契約にたいする忠実としての義理

  名誉の義理・意地の義理─戦国武士の世界

  自己尊敬と集団の自愛心との合致

 2 近松にみる義理と人情

  愛の詩人近松

  西鶴の愛と近松の愛─アニムス的愛とアニマ的愛

  愛と死と性

  愛の中核としての「情け」

  愛の沈欝化と死の調べ

  近松の描く義理の諸類型

  義理と人情葛藤

  『女殺油地獄』にみる義理と人情

  『心中天の網島』にみる義理と人情

  「義理と人情」の悲劇の社会的背景

 3 近松以後(一)浄瑠璃世界

  近松以後の浄瑠璃の変貌

  義理観念の変化とその社会的・精神的背景

  「義理と人情」即「公と私」

  公的世界の義理と私的世界の義理

  『摂州合邦辻』にみる義理・人情の病理化

 4 近松以後(二) 人情本読本世界

  江戸文化と「通」の美意識

  人情本にみる義理と人情

  『春色辰巳園』の義理と人情

  意志文化と感性の文化の分離-馬琴の歴史的位置

  私的世界義理と人情─『三七全伝南柯夢

  公的世界義理と人情─『頼豪阿闍梨怪鼠伝

  公(義理)が私(人情)に優先する社会

  馬琴の精神的世界  馬琴の理想的人間像

 5 明治以後 泉鏡花尾崎士郎

  義理・人情の連続性と非連続性

  俗物根性との闘い

  『婦系図』にみる義理と人情

  義理・人情の挽歌─『人生劇場


むすび

あとがき

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。