渡邊綱とし『鹿児島方言』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

渡邊綱とし『鹿児島方言』

https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA54250082

f:id:kuzan:20190906163238j:image


表紙背表紙で『鹿児島方言

刊記には『鹿児島方言


貼付刊記

f:id:kuzan:20190906200534j:image

鹿児島方言

頒布価 1500円

昭和49年12月1日

昭和50年5月25日

著者 渡邊綱〓

住所 鹿児島市下福元町(番地は略す)

発売元 春苑堂書店

B5判 袋とじ 手書き

f:id:kuzan:20190906200527j:image

まえがき 昭和四十九年十二月一日 渡邉綱〓《わたなべとなとし》 2頁

目次 1頁

(地方人の呼び方) 1頁

本文 1-115 あい〜んままらだご

補遺 115-120 あたあんで〜ものわる

附録 文章構成するもの 1−8

あい

あいご

あいたしもた

あいたけあっね

あいたけねたけ

あいいっ

えいえんもん

あえちょる

あえでくっ

あおしごろ

あおいしおい

あがい

あがいもん

あかご

あかばら

あかめ

あかひら

あがったもし

あがはんか

あくえっ

あくわさんと

あげし

あげん

あさがらえっ

あさってんほう

あさっぱら

あさひっ

あさやまがん

あしこ

あしのはら

あすこ

あすっ

あすっどし

あすっどっ

あせくい

あたい

あたや

あたいげえ

あだがれ

あたたんこ

あっがれ

あっくゎさあ

あっけんね

あっこ

あっご

あっしょこいよ おっしょこいよ

あっちせー

あっぜー

あったらし

あっちゃこっちゃ

あっで

あっまっ

あっもくっもね

あっね

あっね

あっばっ

あっぷっ

あてんね

あてつんもっ

あとえ

あとげっ

あとじい

あとぜっがすい

あなばっとい

あなほげ

あにょ

あにょんうっかた

あのっさあ

あのっさあたっ

あば

あばてんね

あひい

あひいばば

あひいのべってふん

あぶっこ

あぶいだし

あまいばっちょ

あまいはっこっ

あまか

あまかぜしんまっ

あまめ

あまびっ

あまん

あめやんしゅっ

あめんちゃん

あやがなか

あゆっ

あらいよー

あらじょけ

あらけ

あれ

あれ

あれしゅい

あれはい

あれやっめをすい

あわんなっと

あわんまご

あんし

あんさん

あんべ

あんわろ

あぶいだし


えあぐっ

えいたくっ

えいなこて

えぎ

えくろ

えくろぼ

えざい

えさっ

えさっじん

えじ

えしれんこっ

えすげ

えつ

えっがね

えつすえどん

えったごろ

えつっ

えっな

えっえっ

えど

えのそら

えばざこ

えはら

えぼ

えぼし

えんざ

えんしゅ

えんず


けいちらかす

けいたくる

げいっこ

けぐれ

けくやい

けこじょ

けこじょばち

けしんめ

けしんめ

けしっばっかい

けすい

けすいぼ

けずいかけ

けせん

けせんあぶら

けっ

げっ

げっくゎい

けっされ

けったいけったい

けっつっ

けなぶい

けぬっあわせ

けね

けねじゅ

けねんし

けふ

けほい

けまがっ

けまぐるっ

けむゆっ

けも

けるっ

げん

けんつけ

けんつけどい

げんね

けんねっ

けんびっ


せい

せえ

せえ

せか

せがらし

せぎれ

せくすい

せくっ

せけんばらがたっ

うぜけんばらがたっ

せごし

せこん

せごどん

せしから

せしこ

せしこんはしこん

せずいかっ

せずく

せせこっ

せせる

せっ

せっ

せっ

せっがわい

せっくんいっ

せったんあぶら

せったんくゎん

せっね

せどや

せっぺ

せなはげ

せね

せろ

せん

ぜん

せんいい

ぜんうっせ

せんこっ

せんしゃく

せんづ

せんでっがらっぱ

せんのかん

せんべ

せんぽすっ

せんもと



ぬい

ぬかご

ぬき

ぬきっ

ぬくっ

ぬけなた

ぬし

ぬすとわろ

ぬっきゃん

ぬっもっ

ぬなっ

ぬり

ぬりしょちゅ

よう

よい

よいけっ

よいづっ

よいなこて

よかあんべ

よかおご

よかし

よかしこ

よかちご

よかにせ

よかばしのごっ

よかぶい

よかよめじょ

よく

よくろぼ

よけんまち

よごれかぶい

よき

よしもふいいもかめなし

よそもん

よっ

よっころっ

よっごろ

よってつっ

よっぽいよっぽい

よて

よのいもて

よべいい

よま

よめざ

よも

よもはがん

よれ

よろんころん

よん

よん

よんごひんご

よんごぎね

よんのよふて

わい

わいどん

わいぅえ

わいげえ

わいせえ

わがさあ

わかされ

わけへだて

わこおないやすつろ

わき

わっこ

わっぜえ

わらすぼ

わらっごろ

わらべ

わるすっと

われこっ

われこっのごっそ

われこっぼ

わろ

わやっ

んどま

んがわいが

んべ

んぼ

んにゃ

んま

んままらだご

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。