清地ゆき子「恋愛用語「三角関係」と"三角恋愛"の成立と定着」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

清地ゆき子「恋愛用語「三角関係」と"三角恋愛"の成立と定着」

清地ゆき子

『日本語の研究』第6巻2号 2010.4.1 国語学241

1.はじめに

2.日本語における「三角関係」の成立と定着

3.中国語における"三角恋愛"の成立

4.おわりに

 参考文献

陳力衛(2001)『和製漢語成立とその展開』汲古書院

広田栄太郎(1969)『近代訳語考東京堂

松岡純子(2001)「『張資平研究資料』[1]年譜」『長崎県大学論集』第34巻第4号

森岡健二(1991)『改訂近代語の成立 語彙編』明治書院

西槇偉(1993)「1920年中国における恋愛観の受容と日本──『婦女雑誌』を中心に──」「比較文学研究」通号64号,東大比較文学

坂元ひろ子(2004)『中国民族主義の神話 人種・身体・ジェンダー岩波書店

さねとうけいしゅう (1970)『増補 中国人日本留学史』くろしお出版

佐藤亨(1999)『国語語彙の史的研究おうふう

沈国威(1998)「新漢語研究に関する思考」『文林』第32号,神戸松陰女子学院大学国文学研究

   (2008)『改訂新版 近代日中語彙交流史笠間書院

白水紀子(1995)「《婦女雑誌》における新性道徳論──エレン・ケイを中心に──」『横浜国立大学人文紀要弟二類 諸学・文学』第42号,1995.10

柳父章(1982)『翻訳語成立事情岩波書店

張競(1995)『近代中国と『恋愛』の発見』岩波書店

朱京偉(1995)「『明治のことば辞典』と現代中国語における日本語からの借用語『明海日本語』第1号

   (2003)『近代日中新語の創出と交流──人文科学と自然科学の専門語を中心に──』白帝社

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。