深澤愛「『西洋紀聞』における平仮名と片仮名」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

深澤愛「『西洋紀聞』における平仮名と片仮名」

深澤愛

「『西洋紀聞』における平仮名片仮名

新井白石

http://hdl.handle.net/11094/69140



参考文献

古藤知子(一九九五)「新井白石言語研究」『言語論の位相江戸の思想2)』ぺりかん社、一〇四―一二一頁

小松英雄二〇〇〇)『日本語書記史原論補訂版』笠間書院

酒井和子一九九二)「蘭学における外国音表記新井白石青木昆陽について―」『東京国際大学論叢教養学部編』四七、八―九七頁、東京国際大学

杉本つとむ一九九二)『文字史の構想』萱原書房

杉本つとむ一九九八)『日本文字史の研究(杉本つとむ著作選集5)』八坂書房

松村明一九七五)「解題西洋紀聞)」『新井白石日本思想大系三五)』岩波書店、五六九―五七三頁

松村明一九七七)「新井白石外国語外来語片仮名表記」『松村明教授還暦記念 国語学と国語史明治書院、一〇九二―一一三六頁

宮崎道生一九七三)『新井白石洋学と海外知識』吉川弘文館

矢田勉一九九八)「印刷時代における国語書記史の原理」『東京大学国語研究室百周年記念国語研究論集汲古書院、五六七―五八五頁

矢田勉二〇〇八)「近世製版印刷書体における平仮名字形変化」『神戸大学文学部紀要』三五、二五―四九頁、神戸大学

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。