海音寺潮五郎「明治太平記」

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

海音寺潮五郎「明治太平記」

海音寺潮五郎


声に朗々たるひびきがあり、はばがあり、重みがあり、抑揚があり、なかなかの快弁だが、純粋薩摩弁のそれは、なにを言っているのかまるでわからない。

(桐野利秋)


内玄関から案内を乞うと、佐賀弁書生が出て来た。

(江藤新平)


房州出の、ひどい訛りの太っちょの女中


疑いもなく、これは、薩摩なまりであった。この方言特有の、促音の多い、食ってかかるような調子である。

 丸山の豊かなほおは、生き生きした血色に、におっている。声が大きい。調子に、九州なまりがある。闊達な性質らしく思われた。

 おだやかな声だが、腹に、ずん、とこたえるひびきがあった。岩倉は、愛想笑いをし、つとめて軽い調子で、答えた。

 「わざわざお運びをいただき、恐縮でおます。用事というのは、今日の会議のことですがね。御承知の通り、今日の会議は、遣韓大使のことが主問題で、いうてみれば、あんたの一身上に関することどすよって、今日はひとつ欠席していただきたい、と思いましてね。その御相談に上ろう、と思ったのですよ」

 やわらかくて、いささか軽薄な感のある、京都なまりの言葉のつづく間に、血色のよい、太った西郷の頬は、きっと、ひきしまり、強いかがやきのある大きな目は、真正面から、岩倉を見すえた。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。