浅野三平『近世中期小説の研究』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

浅野三平『近世中期小説の研究』

浅野三平

近世中期小説の変遷-序にかえて

増穂残口

多田南嶺の生涯

大梁と金陵

永井堂亀友?-末期浮世草子の一考察

静観房好阿

伊藤単朴

志道軒をめぐる二・三 源内のことども

池田遊鶴?

西村粋川子?

大江文坡の生涯と思想

秋里籬島?

源太騒動と綾足?秋成

教訓雑長持(翻刻)

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。