活語餘論

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

活語餘論

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/kokusyokaidai/k3/kokusyo_ku039.html

http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/uwazura/syomokukaidai/hoi/kaidai_hoi010.html

活語餘論 くゎつごよろん 語學書 三卷寫

【著者】東條義門

【成立】第一卷初の天保十三年六月の序によれば、著者若年の頃から折折思ひ付いたことを書きとめて置いたのが、年を經るうち、何時とはなく澤山になつたので、文政の初頃、その中の「御國學び」に關するものを拔き出し、藤井高尚に見せた事がある。さて、この書の最初に「題しらず」と云ふことについて記してゐたので、この書全部を「題しらず」と題しておいた。後或る友に見せたところ、内容は活用に關するものが多いから、「活語雜話」「活語指南」(各別項)等の例に準じて、活語の二字を標した方がいゝと云つたので、「活語餘論」と名付けたといふ。なほ「今より後に見聞の事はた雜りぬべし」と云つてゐるが、卷三には、關政方の「傭字例」の批評が見えて居り、卷二には、天保十四年の春.讃岐へ旅行した時のことが出てゐる。

【内容】 國語學に關する随筆である。第一卷は、「題しらず」「しらず、しられず」「垂り尾、垂れ尾」「法大王の法華の御疏」「よぶごどり、もゝちどり」「おとをとの口呼」等二十四條を集め、第二卷は、「じぢのけちめ」「諸國の方言によりて古言雅言のしらるゝ事」「いと」「さへ、だに」「權の音、慧の音」「某音とあるべきところに某反とある事」「韻鏡影喩第四等は也行の定位なる事」「狐の鳴聲こんノん」等三十三條を記し、第三卷には「こがね、くがね」「第三音ウ韻の第五音に轉用する事」「支那」「われて」「きつにはめなん」「嘉名、假名假字國字和字」「詞の自他をよく辨ふべき事」「黄卷赤軸」「唯而はイシテにてヰにあらず」等三十四條を集めてゐる。なほ第三卷の終りに、「何處に、何處へのへに」について記し、このことなほ「次條に云べし」と記してゐるが、その「次條」がない。思ふに義門は、書く豫定でゐて書かないうちに寂したものであらう。  〔龜田〕

http://blog.livedoor.jp/bunkengaku/archives/25035360.html

活語餘論 三巻三冊

 天保の末年東條義門によって作られたもので。國語學に關する著者の隨筆である。初め「題知らず」と題してゐたが、後に至って活用に關するものが多いからと云ふので「活語餘論」と改めた。その内容は活用假名遣音韻係結・語釋等諸方面に亘り、しかも何れも學術的価値の高いものである。これを以ても義門の學問の廣さが窺知しられる。

亀田次郎国語学書目解題」)


本文(巻三まで)

http://uwazura.seesaa.net/article/2717366.html



後に巻4以降が発見された。

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。