沼本克明『日本漢字音の歴史』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

沼本克明『日本漢字音の歴史』

沼本克明 昭和六一年 東京堂出版

国語学叢書

[序章 概説]

第一節 日本漢字音とは

第二節 日本漢字音の特質

一 日本漢字音の層的伝承

二 日本漢字音の諸層

 古層/中層/新層/新新層

第三節 日本漢字音における中国語音の捨象と採択

一 声母

 唇音舌音牙音歯音喉音半舌音/半歯音

二 韻

 中心母音/介母/撥音韻尾入声韻尾/韻における呉音漢音の相違/拍構造への変換

三 声調

 漢音声調呉音声調


[第一章 上代漢字音

第一節 万葉仮名の背景となった漢字音の層

 推古遺文仮名の背景/古事記仮名の背景/日本書紀仮名の背景

第二節 上代漢字音の側面

第三節 上代漢字音成立の経緯

第四節 上代仏典読誦音

第五節 上代漢字音から平安漢字音


[第二章 平安時代初期・中期の漢字音

第一節 呉音漢音和音正音

第二節 平安時代初期・中期の呉音漢音

一 呉音の実態

 字音直読資料の実態/訓点資料字音語の実態

二 平安中期の漢語漢字音

三 漢音の実態

 漢籍字音読/漢籍訓点資料漢音漢籍訓点資料反切音/漢籍訓点資料漢音声調体系/密教教典読誦漢音漢音の諸層

第三節 声明に伴う新漢音の将来

第四節 陀羅尼音読と加点


[第三章 平安後期以後の漢字音

第一節 呉音読資料漢音読資料

 呉音読資料漢音読資料

第二節 漢字音表記法変遷と定着

一 訓点資料の場合

 撥音韻尾入声韻尾拗音サ行合拗音/スヰ・ツヰ・ユヰ・ルヰ/声点濁点呉音声点

二 和文資料の場合

 撥音韻尾入声韻尾開拗音合拗音

第三節 呉音の実態

一 呉音資料の不純性

 直読資料の不純性/音義資料の記載音/其他の呉音資料

二 類聚名義抄の「呉音」と「和音

三 院政期呉音字音の典型

 仮名書音形/声調体系

第四節 漢音の実態

一 漢音の学習と伝承

二 漢音が反映した秦音の特徴

第五節 平安後期以後の漢字音の変化

 唇内入声字のハ行転呼入声字の促音化/唇内撥音舌内撥音の区別の消滅/連声連濁半濁音化/拗長音化/イウとイユウ/合拗音の消滅/呉音における去声上声化/出合漢音声調

第六節 宋音の移植とその特徴

 宋音の伝来/宋音の特徴


http://sakuin.g.hatena.ne.jp/kuzan/20071221

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。