河内厚郎『阪神学事始』

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

河内厚郎『阪神学事始』

河内厚郎編著

神戸新聞総合出版センター

1994

阪神学事始 (のじぎく文庫)

阪神学事始 (のじぎく文庫)



河内厚郎「阪神間近代文学論」 pp.131-165 に言語についての言及あり

村上春樹の登場

阪神間の近代文学は谷崎にはじまる

「私」を重視する風土

消費生活の文学

美的消費とモラルの関係

柔らかい個人主義の誕生

私生活の味わいと「猫」

豊かさに耐える

和製ミュージカルの故郷

阪神間の近況

幻の阪神言葉

現代に生きる「阪神言葉



私鉄沿線文化

阪神間の母体「摂津国」

生活美学とモダニズム

 阪神間近代文学論 河内厚郎

KANSAI学への序章

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものである筈です。