江戸歌舞伎『小袖曽我薊色縫』におけるサ変動詞の実態

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。 岡島昭浩がやっております。 一部、JSPSの15H01883,18520354などの恩恵を受けております。

江戸歌舞伎『小袖曽我薊色縫』におけるサ変動詞の実態

上野隆久
近代語研究会(編)『日本近代語研究1』ひつじ書房 pp.401-424
1991.10
91Y00210

書籍からの画像で注記のないものは、著作権法上の「引用」の範囲内であるか、著者の著作権が切れて刊行後五十年以上経っているものである筈です。