江戸時代語の研究

国語史・日本語史周辺(日本文学・日本史・言語学などなど)の覚書です。
最善の説を記録しているものではありません。変な説も記録しています。
書誌として不完全です。
項目の形に規準はほとんどありません*
「検索」ボタンを活用して下さい。

江戸時代語の研究

佐藤亨

I 序説

 第一章 江戸時代語研究の課題――咄本を中心に――

  一 はじめに

  二 咄本翻刻等について

  三 咄本による江戸時代語研究の概観

  四 江戸時代語研究の課題

 第二章 咄本資料性――『鹿の巻筆』を中心に――

  一 はじめに

  二 語彙

  三 語法

   三-(1) 助動詞

   三-(2) 接続助詞

  四 音便

   四-(1) イ音便

   四-(2) ウ音便

   四-(3) 促音便

   四-(4) 撥音便

   四-(5) 形容詞音便

  五 『躙武左衛門口伝はなし』の言語

   五-(1) 助動詞

   五-(2) 接続助詞

   五-(3) 音便

  六 おわりに


II 江戸時代語彙

 第三章 江戸時代語彙(一)

  一 はじめに

  二 江戸時代前期・後期の咄本にみられる漢語

  三 江戸時代前期の咄本漢語

   三-(1) 漢籍・漢訳仏典ならびに本邦に典拠があり、現代へ続く語

   三-(2) 漢籍・漢訳仏典に典拠があり、本邦の中世もしくは近世壼快でに用例のある語.

   三-(3) 漢籍・漢訳仏典の典拠は不明だが、本邦に用例があり現代へ続く語……:

   三-(4) 漢籍・漢訳仏典の典拠は不明だが、本邦の近世ごろまでに用例のある語一

   三-(5) 前期咄本特有の語

  四 江戸時代後期の咄本漢語

   四-(1) 漢籍・漢訳仏典ならびに本邦に典拠があり、現代へ続く語

   四-(2) 漢籍・漢訳仏典ならびにわが国近世ごろまでに用例のある語

   四-(3) 漢籍・漢訳仏典の典拠は不明だが、本邦に用例があり現代へ続く語……・

   四-(4) 漢籍・漢訳仏典の典拠は不明だが、わが国近世ごろまでに用例のある語一

  五 おわりに

 第四章 江戸時代語彙(二)

  一 はじめに

  二 食物に関する語彙

   二-(1) 食物全般に関する語(句)

   二-(2) 穀類に関する語(句)

   二-(3) 副食物・酒・茶などの語(句)

   二-(4) 食具などを示す語(句)

  三 衣・住・生活用具を示す語彙

   三-(1) 衣類を示す語(句)

   三-(2) 住をめぐる語(句)

   三-(3) 生活用具などの語

  四 身体をめぐる語彙

   四-(1) 身体に関する語(句)

   四-(2) 病名・薬名などの語(句)

  五 おわりに

 第五章 江戸時代語彙(三)

  一 はじめに

  二 人間に関わる語彙

   二-(1) 親族語彙など。

   二-(2) 神仏に関する語

   二-(3) 賢愚をあらわす語

  三 人間の生活に関する語彙

   三-(1) 行動・行為に関する語(句)………

   三-(2) 階層・職業などに関わる語(句)…

   三-(3) 経済活動に関わる語(句)

   四 動物・植物に関する語彙

    四-(1) 動物とそれに関わる語

    四-(2) 植物に関する語

   五 おわりに


III 江戸時代語法音便

  第六章 江戸時代待遇表現 (一)

   一 はじめに

   二 待遇語

   三 接頭語接尾語

   四 第一人称代名詞待遇表現

    四-(1) 江戸時代前期の第一人称代名詞

    四-(2) 江戸時代後期の第一人称代名詞

   五 第二人称代名詞待遇表現…….・

    五-(1) 江戸時代前期

    五-(2) 江戸時代後期

   六 おわりに

 第七章 江戸時代待遇表現 ロ -前期-

 一 はじめに

 二 江戸時代前期の待遇表現

  ニ-(1) 会話文中における待遇表現

  二-(2) 尊敬表現

   (1) それ自身、尊敬を含む動詞によるもの。

   (2) 尊敬を示す補助動詞および助動詞

  ニ-(3) 謙譲表現

  (1) それ自身、謙譲の意を含む動詞によるもの

  (2) 動詞に、謙譲の意を示す動詞を輔助動詞として付け加えるもの。

  ニ-(1) 丁寧表現

  三 おわりに

 第八章 江戸時代待遇表現 ⇔ -後期-

  一 はじめに

  二 江戸時代後期の待遇表現

   二-(1) 会話文中における待遇表現

   (2) 尊敬を示す補助動詞および助動詞

   二-(2) 謙譲表現

    (1) それ自身、謙譲の意を含む動詞によるもの。

    (2) 動詞に、謙譲を示す動詞補助動詞として付け加えるもの。

   ニ-(3) 丁寧表現

  三 おわりに

 第九章 咄本にみられる語法音便-『鹿の巻筆』『新話笑眉』『鹿の子餅』を中心に-

  一 はじめに

  二 語法

   ニ-(1) 係り結び

   二-(2) 助詞「の」「が」

   ニ-(3) 文末語

  三 音便

   三-(1)イ音便

   三-(2) ウ音便

   三-(3) 促音便…;

   三-(4) 撥音便…:

  四 おわりに


∬ 江戸時代漢字表記

 第十章 『遊小僧』の漢字表記

  一 はじめに

  二 『遊小僧』(第一)の漢字

   ニ-(1)字訓語(体言)

   二-(2) 字訓語(用言)

   二-(3)字音語

  三 『遊小僧』の漢字表記

   三-(1) 複合語表記

   三-(2) ふりがな

  四 『遊小僧』の字音語(漢語)

  五 おわりに

 第十一章 『聞上手」の漢字表記

  一 はじめに

  二 『聞上手』の漢字

  三 『聞上手』の漢字表記

   三-(1) 字訓語(体言)

    (1) ふりがなのある語

    (2) ふりがなのない語

    (3) ふりがなが一部ない語

    (4) ふりがなに片かなが用いられている語

   三-(2) 字訓語 (体言)の表記

    (1) 同一語を漢字、平がなで表記する例…

    (2) 漢字+平がな

    (3) 平がな+漢字

    (4) 漢字+平がな+漢字

    (5) 漢字+片かな+平がな(漢字)

   三-(3) 字訓語(用言)の表記

    (1) ふりがなが活用語尾まで及ぶもの

    (2) ふりがなが活用語尾まで及ばないもの

    (3) ふりがなはないが、活用語尾表記がある場合..

    (4) ふりがながなく、活用語尾がない場合

   四 感動詞副詞擬声語

   五 字音語(漢語)

     ふりがなの有無など

      (1)  ふりがながある語

      (2) ふりがながない語

      (3) ふりがなが二字の中一字にある語

      (1) 漢字に対する平がな

   六 漢字の字面・宛て字

   七 おわりに

V 結語

 第十二章 結語

  一『新話笑眉』と『鑓の権三重帷子』

   一-(1)語彙等について

   一-(2)音便

    (イ)イ音便

    (ロ)ウ音便

    (ハ)促音便

    (ニ)撥音便

   一-(3)文未表現

  二 『鹿の子餅』と『遊子方言

   二-(1)語彙等について

   二-(2)音便

    (イ)イ音便

    (ロ)ウ音便

    (ハ)促音便

    (ニ)撥音便

   二-(3) 文末表現


あとがき

事項索引

語彙索引

書籍からの画像で注記のないものは、著者の著作権が切れ、刊行後五十年以上経っているものです。